Ayurvedaから学んだこと~簡単にできるうがい剤~

皆さま、こんにちは。
渋沢駅から徒歩5分 ヨガハウス秦野
隔週木曜10:00〜ハタヨガ初級担当の浦 智子です。

約2年ぶりにヨガハウスに戻って参りました。
私の家からヨガハウス秦野までDoor to Doorで2時間弱。
移動時間を有効にYOGAの勉強しよう!と、テキストを開くも、
頭の中では会員の皆さんのことを思い浮かべてます。
小田急線から見える丹沢山系の美しさや、
渋沢駅を降りた時の美味しい空気も大好きですが、
何よりも私は皆さんの笑顔に会いたくてヨガハウス秦野に通っています。
お久しぶりの方、はじめましての方も、どうぞ宜しくお願いいたします。

そんな2年の間に、以前から興味があったアーユルヴェーダスクールに通いはじめました。
アーユルヴェーダとは古代のインドで発祥し伝承されてきた総合的な医学体系のことです。
アーユス(寿命)、ヴェーダ(知識・真理)を意味し、寿命科学・生命科学と訳されます。
何だか難しく聞こえるかもしれませんが、とてもシンプルで毎日の規則正しい生活こそが、
健康の人の健康を護り、病気の人の病気を鎮静させるという考え方です。
今日はその中から皆さんでも簡単にできるうがい剤の作り方をご紹介します。

【うがい剤の作り方】

効能:
喉の痛み・咳・風邪の予防

材料:
ターメリックパウダー(ウコン) 0.3g~0.4g
ジンジャーパウダー(生姜) 0.3g~0.4g
シナモンパウダー(桂皮) 0.2~0.3g
クローブホール(丁字) 2粒~4粒
水 500cc
※スパイスの量は適当にお好みで!!

作り方:
①鍋に水500㏄、ターメリック、ジンジャー、シナモンを入れて煮る。

DSC_0377

DSC_0380

②沸々してきたら火を弱めて3分煮る。

DSC_0382

③火を止めてクローブホールを入れる。※クローブは揮発性があるので火にかけない。

DSC_0386

④冷めたらうがい剤として使えます。

_20200321_175801

常温で2~3日くらいもち、マグボトルなどで持ち歩きもできます。
うがい剤としてだけではなく、体が冷えたときにホットドリンクとしても飲用もできます。
ご興味がある方は試してみてください。苦手なスパイスは入れなくて大丈夫です。

いろいろな情報があふれている世の中ですが、
大切なことは毎日の良い食事、良い睡眠、良い運動に限ります。
体のためにYOGAのアーサナ(ポーズ)で体を動かすといいですね。
ヨガハウス秦野に来て一緒にYOGAをしましょう。
私たちヨガハウス秦野のインストラクターは皆さんの健康を願っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ヨガハウス秦野
浦 智子

Leave your thought